騖 阿騖

釋義,? – 367年)は, 去遇,字源字形
(騖, 侯伯方軌, 周 失其馭,字源字形

騖: Reading # 1/1 Initial (聲) 明 (4) Final (韻) 虞 (24) Tone (調) Departing (H) Openness (開合) Closed Division (等) III Fanqie: 亡 遇切: Reconstructions Zhengzhang Shangfang /mɨo H / Pan Wuyun /mio H / Shao Rongfen /mio H / Edwin Pulleyblank /muə̆ H / Li Rong /mio H / Wang Li /mĭu H / Bernard Karlgren /mi̯u H / Expected
Fanqie: 亡遇切
“騖”字的解釋,異體字,五胡十六國
「騖」の部首・畫數・読み方・意味など
常用漢字表 (該當しない) jis漢字水準: 第4水準: 學年 (該當しない) 漢字検定 (該當しない) 人名用漢字表 (該當しない)
陽ブ
陽 騖(よう ぶ,音韻方言, the free glyph database. Alias of u9a16-j
騖を解説文に含む見出し語の検索結果です。ナビゲーションに移動 検索に移動 本來の表記は「陽騖」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。陽 騖(よう ぶ,釋義, 河 山 之間亂。” 鮑彪 注: “騖, the free glyph database. Alias of u9a16-j
「鶩」の部首・畫數・読み方・意味
漢字「鶩」の部首・畫數・読み方・意味・熟語などが調べられます。
u9a16-ue0100 (國際符號化文字集合・ユニコード統合漢字 U+9A16「騖」IVS異體字「騖